本文へスキップ

保育士資格の取得方法と仕事先

保育士資格の取得方法と仕事先

保育士資格の取得方法と仕事先

3種類の勉強方法

保育士養成施設を卒業せず、保育士試験合格から保育士として仕事をすることを目指す場合、独学、通学講座、通信講座が主な勉強方法としてあります。どの方法が自分に合っているのかよく考えたうえで、受験対策をスタートしましょう。

まず独学ですが、購入する教材を最小限にすれば、費用はほかの勉強方法と比べて最安値にできます。しかし、教材選びのセンスがないと効果的な対策ができません。また、誰も勉強しろと言ってくれる人がいないため、自分でサボることなく強い意志で学習を継続していくことが要求されます。わからないことが出てきたときには教材を買い足したり、ネットで検索してみたり、Q&Aサイトで相談してみたりと勉強のしかたに工夫が要ります。

次に通学講座ですが、養成施設に通うのに近い環境で学習ができます。合格のためのノウハウを持ったスクール・講師による的確な直接指導、同じ目標を持って相談し合える仲間との出会いといった具合に、メリットは多いです。ただ、費用は独学や通信講座より高額になる場合がほとんどです。

最後に通信講座ですが、効果的な受験対策が行なえる教材が郵送されてきて、その教材で学習を進めます。課題をこなし、添削をしてくれるサービスを行なっている講座や、メールなどでの相談が可能な講座もあります。独学に比べて一人で勉強している感は薄まり、費用は通学講座に比べると安価な場合がほとんどです。